プロフィール

miemie

管理人:miemie
東京都在住の30代の主婦です。お料理は好きですが、平日は時間が無いので簡単な料理しかしません。
管理人とこのブログについての紹介は→こちら

カテゴリ別メニュー
カテゴリーをクリックするとその下にレシピ一覧が表示されます♪
  • 魚貝類料理(7)
  • お買い物(6)
  • 肉料理(16)
  • 野菜料理(30)
  • 卵・豆類料理(7)
  • その他レシピ(6)
  • ご飯・麺類料理(12)
  • サイト・管理人について(3)
  • お弁当(2)
訪問ありがとうございます!

応援クリックお願いします!
FC2 Blog Ranking

「レシピブログ」

miemieへのメール

折り返しお返事を送りますのでメールアドレスを忘れずに記入してくださいね♪
名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
豆ごはん



私はお豆がだーいすき。
煮豆、枝豆、ソラマメ、グリーンピース、納豆。んー全部好き好き。
鞘の付いたお豆も好きで、スナップエンドウは一時期、毎日塩茹でしてビールのツマミにしてました。
お豆は畑のお肉。たんぱく質が豊富なのも嬉しいですよね。

そんなわけで今日は豆ごはん♪です。もちろん炊飯器に入れるだけです。
このお豆はOisix(おいしっくす)で届いた「発芽ビーンズ」です。
oisixの売れ筋商品なんですって。
加熱して真空パックされた状態で届くので、袋から出してそのままサラダにしたり、カレーの具にしたりできてとても便利。食感は枝豆みたいでとても食べやすいのもGOOD。発芽玄米よりも栄養素である「ギャバ」が含まれているそうですよー。

<作り方>3人前
お米:2カップ
塩:小さじ1.5
みりん:大さじ1
発芽ビーンズ:お好きな量(なければグリーンピース、枝豆などでもOK)

★米をとぎ、炊飯器に通常炊くのと同じ量の水と塩、みりんを入れて、上に豆をのせて炊く。

たくさん炊けたので、残りを手に塩をつけておにぎりにし、焼き海苔に包んで食べました。もうこれが、おいしいのなんの。
どうして同じごはんなのに、形を変えるとまた違った美味しさになるんでしょう?不思議ですよね。
やはりコンビニのおにぎりより、人の手でキュッと握ったおにぎりのほうが美味しいものです。


スポンサーサイト
ご飯・麺類料理 | 2006-06-26(Mon) 21:45:36
Trackback:(0) | Comments:(6)
シーフードピラフ カレー味



会社で私の隣に座っている先輩が、今週末ホームパーティを開くらしく、「料理何作ろう~?」と悩んでいました。
確かに、おもてなし料理って難しい。
普段作って食べているようなものじゃ、アッと言わせられないしなんだかパッとしない。かといって普段作りなれていないようなものを作るとなると、失敗するんじゃないかと不安・・・。
そんなときにおススメなのがこの「シーフードピラフ」。
これは私の母が家にお客さんが来るたびに、作っていた料理。
私の家は父の仕事の関係で、客人が多い家で、そのたびに母が手料理を振舞っていました。
父も得意料理の牛のタタキを作ったり、スペアリブをオーブンで焼いたりしていました。なんてマメな男・・・。
あるときは12畳ほどの自宅リビングに30人近くのお客さんが来たこともありました。もちろん私も手伝わされましたが。
今思うと、30人分のおもてなし料理を作るだなんて私の母はなんて出来た「妻」なのだろうと思います。
私にゃー無理無理。せいぜい5人もてなすのがいいとこです。

このシーフードピラフは、とーっても簡単です。
カレーの香りが食欲をそそります。
家にある調味料で作れますし、炊飯器を使って炊き上げるので楽ちん。
私は家にあった冷凍のシーフードミックスとソーセージを使いましたが、お客さんに出すときは殻のついた大き目のむき海老やヒモつきのホタテを使うとゴージャス!大皿にどかーんと盛り付けちゃってください。
もちろんあさりは殻を付けたまま炊き上げちゃってください。
そのほうが絶対に美味しい。食べるのは面倒ですが。
時間を忘れてゆっくりと会話を楽しみながら、アサリの殻についたライスをしゃぶりついてこそげて食べる、なんてどうでしょうか。
もちろんキーンと冷やした白ワインも一緒に♪

★材料:2~3人分
米:2カップ
バター:大さじ1.5
コンソメ:1個(顆粒タイプなら小さじ3)
カレー粉:小さじ2
玉ねぎ:1個
アサリ:1パック
その他、お好みのシーフードなど

★作り方
①米は研いでザルに上げ、30分以上おく。
②フライパンにバターを溶かし①の米を透明になるまで炒めたら、炊飯器の釜に入れて白米を炊く時よりも若干少なめの水とコンソメを入れる。
キューブタイプのコンソメの場合は砕いてから入れる。
③空いたフライパンに荒めのみじん切りにした玉ねぎを炒め、シーフードと良く洗ったアサリをを加えて静かに炒める。アサリの殻が開いたらカレー粉を加えてよく混ぜ、②の米の上にのせる。
④白米を炊くのと同じように炊く。
⑤炊き上がったらしゃもじでよく混ぜ、しばらく炊飯器の蓋を開けて蒸気を逃がす。盛り付けたらパセリやパプリカパウダーなどトッピング。

気をつけるのは水加減のみです。
玉ねぎやシーフードから美味しいエキスたっぷりの水分が出るので、その分を引く、という考え方です。
炊飯器に「かため」モードがあれば、「かため」で炊いてみてください。
あと、玉ねぎは細かいみじん切りにする必要はありません。
溶けちゃいますので、荒めのみじん切りでオッケー。

久しぶりのシーフードピラフカレー味、美味しくておかわりしてしまいました。
明日のお弁当にも入れていきます。今から明日のお弁当タイムを想像してウキウキしている食いしん坊な私・・・。




ご飯・麺類料理 | 2006-06-21(Wed) 23:55:20
Trackback:(0) | Comments:(7)
麻婆春雨 坦々スープ




早めに家に帰れたときは、夜9時から教育テレビで放送される「今日の料理」を見ることが多いです。
私の大好きな料理家のケンタロウ氏やグッチ裕三氏が出たりするからね。好きな番組のひとつです。
今日放映された料理は、「懐かしレシピ・昭和35年の“チキンドーリア”
月に1回、昔放送された懐かしいレシピを再現する放送日があるみたいです。なんと今日は「たいめいけん」の初代が昭和35年にテレビで紹介したチキンドーリアを3代目が実際に作る、という演出。
昭和35年にチキンドリアがあったなんてね。
ホワイトソースがあったんてね。なんかワクワクしますね。
そしてそのレシピ、なんともシンプルではあるのですがとても美味しそう・・・。久しぶりにドリアが食べたくなりました。
ううん、それよりなにより「たいめいけん」に久しぶりに行きたい!
来月の私の誕生日に主人に連れて行ってもらおうかな・・・。
私が食べたいのは、2階の14000円の特選小皿料理のコース!

さて、今日私がご紹介するのは麻婆春雨です。←いきなりしょぼくなってスミマセン(;´∀`)
あれ、数日前も確か春雨料理をアップしたような気が・・・
まあいいや。

今回はスープ多めの麻婆春雨にしてみました。
練りゴマも入れて、「坦々麺のスープに春雨が入っている」イメージで。ピリ辛&コッテリです。

<作り方>
春雨:50g
豚挽き肉:50g
ネギのみじん切り:1本
中華スープ:300cc~400cc
豆板醤:小さじ2
練りゴマ:小さじ2
醤油:適量
炒りゴマ:適量
ごま油:適量

①フライパンにごま油を熱し、ひき肉と刻んだネギをよく炒め、豆板醤を加えて混ぜる。
②フライパンに中華スープを注ぎ、水に戻した春雨を入れて少し煮る。
③②に練りゴマと炒りゴマを加える。味見をして、味が薄いかな?という場合は醤油や塩で調節する。

★もっとコッテリが好き!という場合は赤味噌を加えてもいいかも。
★トロミが欲しい場合は水溶き片栗粉で。

最近練りゴマにはまっています。
お味噌汁にちょっと練りゴマをたらしても(゚д゚)ウマーです。
きんぴらごぼうに練りゴマを混ぜても(゚д゚)ウマーです。

ああ・・・それよりなにより、たいめいけんのボルシチとコールスローが食べたいのようッ!






ご飯・麺類料理 | 2006-05-31(Wed) 21:01:31
Trackback:(0) | Comments:(3)
ナポリタン・スパゲッティ



ゴールデンウィークに実家(生家)に帰る事が出来なかったので、久しぶりに両親の声が聞きたいなぁと思い、実家に電話をしてみました。
母や父と話をしていると、電話の向こうで飼い猫「モモ」の鳴き声が聞こえてきました。
母によれば、最近モモの泣き声がひどくうるさいのだそう。
モモは私が15歳のときに、ウチの前の公園に親猫と一緒に捨てられていた子猫でした。
子供たちが給食の残りのパンを与えたりしていたのですが、そのうち親猫がどこかへ行ってしまい、一人ぼっちで鳴いていたところを私の母親が拾ってきたのです。
モモは、両親が新婚の頃飼っていて、私が生まれたのと同時にどこかへ行ってしまった猫「チビ」にとっても似ていて、母はこの捨てられている子猫は「チビ」の生まれ変わりに思えて、どうしてもこの子猫を飼わなくてはいけないような気がしたのだそうです。
そんなモモも、もう今年で18歳。
見た目はまだまだ可愛らしい美人の猫ちゃんなのですが、中身はすっかりおばあちゃん猫。
たぶんうるさくギャーギャー鳴くのも、歳のせいなのかもしれません。
それにしてもずいぶんと長生きしたものです。
私が実家にいた頃は、毎晩モモを腕枕して一緒に寝ていました。
仕事から疲れて帰ってきて、モモをひざに乗せながらゆっくりソファーに座ってテレビを見る時間が、私のリラックスタイムでした。
たぶん、もうそんなに長くは生きられないだろうなぁ。
近くモモに会いに実家に帰りたいと思います。
私の大切な家族だからね。

今日はゴールデンウィーク明けで久しぶりに働いたので、お疲れモード。
簡単に済ませたかったので、ナポリタンにしました。
ナポリタンは私が一番好きなパスタです。
もちろんアルデンテなんかじゃなくて、しっかり芯がなくなるまで茹でた麺で作ります。
今日はダイエットのことは忘れて、粉チーズをタップリとかけて食べるの。これがなくちゃナポリタンじゃない!
玉ねぎの甘さとこれでもかってくらいのたっぷりのケチャップ。
ああ、美味しかった。ご馳走さま。
あ、ちなみに上にのっかってる赤いものは「姫大根」という野菜です。
さくさくしてて甘くて、おつまみにすると美味しいんですよー。

ゆでたパスタを好きな具とケチャップで炒めるだけなので、レシピは無しです。
私は隠し味に、お醤油をたらーっとフライパンの鍋肌にたらします。
私はナポリタンを作りすぎたら、お弁当用の紙カップに少しずつ盛り付けてタッパーなどに並べて冷凍しておきます。
レンジで解凍してお弁当のおかずにしたり、ハンバーグや生姜焼きの付け合せにしたり、いろいろ使えますよん。

お料理上手な方たちがいっぱいののブログランキング集「レシピブログ」
私も参加しています。応援よろしくお願いします♪








ご飯・麺類料理 | 2006-05-08(Mon) 22:32:41
Trackback:(0) | Comments:(5)
大根の葉っぱめし



昨日、「IHクッキングヒーター」の30分体験会に参加してきました。
ずっと前から気になっていたIH。
何がいいって、やっぱり五徳と受け皿が無いこと。
あれって、油がべたべたで洗うのがとっても面倒じゃないですか。
しかも洗いづらいし!
サッと布巾で拭くだけでお掃除完了だなんて嬉しすぎる。

体験会で作ったのは野菜炒めと鮭の塩焼き。
野菜炒めはシャッキリ、鮭も皮がパリッと焼けててとっても美味しかった。
IHって、加熱中に手でガラストップを触っても全然熱くないのね。
鉄などの磁力に引かれるものでなければ熱が伝わらないのだそう。
だから煮物をしているすぐ横のガラストップの上でパン生地をこねるなんてことも可能なんだって。
火も使わないから安全だし、夏に料理をしながらガスの熱で汗だく、なんてことも無いの。
小さい子供がいても、安心だよね。
あー、もうすっごく欲しくなってしまったよー。
天ぷらもカラリ!と揚がるし、大きな火力が必要な中華もお手の物なんだって。
あー、もう欲しい欲しい~。
次に引っ越すときは絶対にIHにしてもらう!決めたッ。

さてさて今日は、大根の葉っぱめしです。
要するに大根の葉っぱを使った混ぜごはんです。
今日は「葉大根」っていう葉っぱを食べるために改良された大根を使ったのですが、もちろん普通の大根の葉っぱでもOKです。
でも、スーパーで葉っぱがついた大根を見かけることって最近あまり無いですよね・・・。

<作り方>2人分
炊きたてのご飯:1合
大根の葉:1本分
ごま油:小さじ2
いりゴマ:大さじ1/2
しらす干し:大さじ1
めんつゆ(濃縮タイプ):大さじ2

①大根の葉は良く洗い、細かく切る
②フライパンにごま油を熱し、大根の葉を良く炒め、めんつゆを入れて水分を飛ばす。
③炊き立てのごはんに②といりごま、しらす干しを入れてしゃもじでよく混ぜる。

今日は炊き立ての麦ごはんで作ってみました。
この大根の葉っぱめしが食べたくて、ずっと葉っぱのついている大根が欲しい!と騒いでいたのですが、今回Oisix(おいしっくす)で運よく葉大根を手に入れることが出来たんです。
うちの主人もおいしーぃ!とパクパク食べていました。
ウチの実家ではしらす干しではなくちりめんじゃこを大根の葉と一緒に炒めて少し濃い目に味付けをし、しっかり水分を飛ばすまで火にかけた「大根の葉のふりかけ」をよく作っていました。
ごはん:ふりかけ=2:1になるぐらいタップリごはんにかけてガツガツ食べてました。
大根の葉っぱって、炒めても目減りが少ないのでチャーハンの具にしても美味しいんだよね。捨てるなんてもったいないよね。

賢い主婦は、生ゴミが少ないのだそう。
私が独身時代に通っていたお料理教室(先生はかなり年配のおばあちゃん)では、大根の葉はお味噌汁の具に、椎茸の軸は縦に裂いて炒め物の具に、だしをとった後のかつお節はフライパンで炒って醤油とみりんで味付けをし、おかかのふりかけにしていました。
当時はなんとも貧乏臭い・・・だなんてちょっと思っていましたが、主婦となった今では食べられるものは捨てずに使う、食べ物を粗末にしない大切さと節約の極意を先生は教えてくれてたんだなぁ、としみじみ感じます。




ゆでて炒めて万能選手 だいこん菜


お料理上手な方たちがいっぱいののブログランキング集「レシピブログ」
私も参加しています。応援よろしくお願いします♪







ご飯・麺類料理 | 2006-05-06(Sat) 22:33:20
Trackback:(0) | Comments:(6)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。