プロフィール

miemie

管理人:miemie
東京都在住の30代の主婦です。お料理は好きですが、平日は時間が無いので簡単な料理しかしません。
管理人とこのブログについての紹介は→こちら

カテゴリ別メニュー
カテゴリーをクリックするとその下にレシピ一覧が表示されます♪
  • 魚貝類料理(7)
  • お買い物(6)
  • 肉料理(16)
  • 野菜料理(30)
  • 卵・豆類料理(7)
  • その他レシピ(6)
  • ご飯・麺類料理(12)
  • サイト・管理人について(3)
  • お弁当(2)
訪問ありがとうございます!

応援クリックお願いします!
FC2 Blog Ranking

「レシピブログ」

miemieへのメール

折り返しお返事を送りますのでメールアドレスを忘れずに記入してくださいね♪
名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りブログ!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
ごちそう豆腐サラダ



今日は午前中から主人と三鷹、吉祥寺に出かけてきました。
実は私、三鷹も吉祥寺も行くのは初めてです。
ちょっとウキウキ。
吉祥寺は最近、「住みたい街No1」の人気のある街ですよね。
で、何しに出かけたのかというとマンションのモデルルームに出かけたんです。
今住んでいるところは主人が独身のときに住み始めたアパートで、そこに私が転がり込んできたようなものなので、ふたりで1LDK、45㎡のところに住んでいるのでかなり手狭なのです。
そして今住んでいるアパートは独身orDinks専用なので、子供もそろそろ考えたいし、金利も上がりつつあるのでそろそろ家を買ってもいい時期なのかな?と。
このGWは都内のめぼしいマンションのモデルルームを手当たり次第に廻っています。モデルルームめぐりはいろいろ勉強になるし、お金もかからないし、いい散歩になるしで結構楽しいもんです。

そして今日は三鷹・吉祥寺。
いいところですね、ホントに。人気のエリアだというのも分かります。
吉祥寺は気になるお店がいっぱいあるし、ぶらぶら歩くだけでも楽しそう!もちろん活気もあるし、なんといっても井の頭公園があるのがいいですよね。
そして物件のほうも、間取りが私好みで、駅からちょっと遠めなのを妥協すれば、環境もいいし思い切って買っちゃってもいいかな?って感じのマンション。
取り合えず今日は資料をもらっただけで帰ってきましたが、んー今も気になっています。
でもさっき主人とじっくりと住宅ローンシュミレーションをしてみたらorz・・・。
お互い独身時代にもっと貯金しておくんだったと嘆きあいました。
私たち夫婦のマンション選び、すんなり行きそうにも無いかなぁ・・・。

話は変わって、今日はごちそう豆腐サラダを作りました。
何がごちそう?って言われてもちょっと困っちゃうのですがとりあえず野菜がいろいろ入っています。
ごま油で素揚げしたにんにくチップが味と歯ごたえのアクセントになっています。
豆腐は木綿でも絹でも、美味しく出来ると思います。
私は男前豆腐を使いました。
「男」「水もしたたるいいトーフ」とかかれたパッケージの、布にくるまれているあの豆腐です。
男前豆腐店のホムペ(※びっくりするような音が出ます)

   
<作り方>2人前
豆腐:1/2丁
にんにく:1かけ
ごま油:大さじ2
醤油:大さじ2
かつお節:10g
トマト、ベビーリーフ、かぶ、あさつきなどお好きな野菜適量

①大き目の皿に野菜を盛りつけ、水気を切った豆腐もざっくりと真ん中に盛り付ける。
②フライパンにごま油を熱し、薄くスライスしたにんにくをキツネ色になるまでカリッと揚げる。
③②で作ったにんにくチップとかつお節をトッピングし、②のごま油をジュッとまわしかける。醤油もまわしかけていただく。
   

今日はOisix(おいしっくす)の「ピーチかぶ」を皮付きのまま薄く切って生のままこのサラダに使ったのですが、このかぶ、メチャクチャ美味しいです。
こんなかぶ、まず食べたことが無いです。
ほんのりと甘くて、水々しいんですよー。フルーツみたい。
3玉入っていて、2玉は浅漬けにしたのですが失敗。もう味をつけること自体もったいないんです。そのまま生で何も付けずに、できれば厚めに切って食べるのが一番美味しい気がします。
このかぶ、煮込むと溶けちゃうんですって。
まさに生でかぶりつくためのかぶ!
Oisixでもとても人気がある商品のようで、春と秋しか食べられないもののようです。
今なら初めての方限定のお得なおためしセット(送料無料)にセットされているようです。

お料理上手な方たちがいっぱいののブログランキング集「レシピブログ」
私も参加しています。応援よろしくお願いします♪






スポンサーサイト
卵・豆類料理 | 2006-05-05(Fri) 00:25:03
Trackback:(0) | Comments:(4)
さ巻き



手作りのお弁当に必ずといっていいほど入っている卵焼き。
私も自分でお弁当を作るときには必ず卵焼きを作って入れます。
卵焼きってそれぞれ家庭の味があるようで、友達のお弁当に入っている卵焼きをもらって食べてみると、自分の親が作ってくれたそれとは味や食感が違って、「へぇ~」と思うことがあったりします。

私が一番好きな卵焼きは、醤油と砂糖を使って巻いた甘辛の卵焼き。
出来上がりの色は茶色くなってしまって、砂糖だけを使ったものや出し巻き卵のようにまっ黄色でなく、あまりきれいではないのですが、味がしっかりとついていてお弁当のごはんがすすむの。
休日の朝に、私の父がよくこの砂糖醤油の卵焼きを焼いてくれました。
私の父は卵料理が得意のようで、たまご味噌やコンビーフ入りのオムレツ、親子丼などをよく作ってくれました。
時々、父の料理も無性に食べたくなります。
食べ物関係の仕事に就いていることもあり、私の父はとても料理上手。
このGW、久しぶりに何日か実家に帰っていろいろ甘えさせてもらおうかなと思っています。

そして上の写真は、今日私が朝ごはんに作った卵焼き。
「う巻き」ならぬ「さ巻き」。
うなぎの蒲焼ではなく、缶詰のさんまの蒲焼を芯にして巻いたものです。
旦那さまのお弁当に入れる卵焼きも、ちょっとアレンジを加えると「おぉッ!」って思わせられるかも?

   
<作り方>
卵(Mサイズ):3個
さんまの蒲焼(缶詰):1/2缶

ごま油

①卵はボウルに割り、白身を箸で切るようによく溶き、塩をひとつまみ入れる。
②さんまは卵焼きの芯に適した大きさに箸で切っておく。
③ごま油を敷いた卵焼き器でさんまを芯にするようにして卵を巻いていく。
   

本当なら出来上がった卵焼きを簀巻きでギュッと形を整えるといいのですが、きれいに焼けたのでそのまま切り分けて食卓に出しました。
卵焼き作る作業、好きなんです。
薄ーく卵を流しいれて、気持ちを集中させて、焦げないように火から離したりしながら、何度もクルクルと卵を端からまいていく。
出来上がったアツアツのものに包丁を入れて、きれいな渦巻きになっていたときにはなんとも幸せな気分になります。
日々の幸せって、意外にこんなところにあるんですよねー。

お料理上手な方たちがいっぱいののブログランキング集「レシピブログ」
私も参加しています。応援よろしくお願いします♪







卵・豆類料理 | 2006-04-29(Sat) 15:41:44
Trackback:(0) | Comments:(4)
薬味たっぷり冷やっこ



さっき、ボーッとテレビドラマ「クロサギ」を見てたら、ウチのすぐ近所が映っていました。自分の住んでいる街がTVに映ると嬉しくないですか?
私が住んでいる「さいたま新都心」はよくドラマのロケで使われる街です。
さいたまスーパーアリーナの裏側あたりで、特撮モノのロケを頻繁にやっているみたい。
私はこの街が大好き。
比較的新しい街なので、整備されているし人もまだそんなに多くなくて便利。
夜になると駅周辺の高層ビルの夜景がとてもきれいです。最近では自宅から徒歩5分くらいのところにショッピングモールも出来たのでより便利になりつつあります。シネマコンプレックスもあるので、夜にふらりと散歩がてらに最終の放映を夫と見に行ったりします。
そのショッピングモールの中にスーパーがあるのですが、なんと嬉しいことに有機栽培の野菜やOisix(おいしっくす)で販売している「岩手県館ヶ森アーク」のとても美味しい豚肉が売っているんです。
今日は久しぶりにオーブンでチャーシューを作ろうと思い、肩ロースブロックを買ってきました。あと、「デルモンテ料理用トマト」なんてものが売っていたので買ってみました。半分はトマトソースにし、残りはラタトゥユにでもしようかな。

さてさて写真の真ん中にドーンと写っているお豆腐。
コレはもう、有名なお豆腐ですよね。
男前豆腐店の「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」です。
ウチはもうだいぶ前から冷やっこの時にはこのお豆腐を選んでいます。
豆乳を食べているみたいな、豆独特の甘みが感じられる美味しいお豆腐です。
この前、テレビでこの「男前豆腐店」の特集をやっていました。
社長さん、まだ若い方でした。お豆腐屋さんの二代目で、今までのような安い値段でスーパーのバイヤーに買い叩かれるような豆腐を作る時代を終わらせたいということで、このようなユニークでかつ美味しい豆腐作りをするようになったのだそう。
社長の「保守的な食品である豆腐」に対する斬新なプロデュース力と革新的なマーケティング手法にはとても驚かされるものがあります。
商品のパッケージは豆腐にはありえないような「派手!」なものでありますが、実際の豆腐作りは地道に昔ながらの製法を守りつつ美味しいものを作る努力をしているようです。
先日発売された新商品は「リュウイチ」とか「マサヒロ」というように、その豆腐を作っているひとの名前がその商品の名前になっているんですって。

jyonitofu.jpg

今日はグラスに豆腐を盛り、青ネギや茗荷、生姜、サバの削りぶしをたっぷりトッピング。ごま油をたらしてお醤油でいただきました。
んー、ビールが美味しい♪

でもね、実はこのお豆腐、塩だけで食べるのが一番美味しかったりします。

お料理上手な方たちがいっぱいののブログランキング集「レシピブログ」
私も参加しています。応援よろしくお願いします♪






卵・豆類料理 | 2006-04-14(Fri) 22:12:24
Trackback:(0) | Comments:(7)
油揚げのサッと焼き



私と同じ1973年生まれの有名人、いっぱいいます。
宮沢りえ、松嶋菜々子、反町隆史、イチロー、梨花、浅野忠信、後藤久美子…。まだまだたくさんいます。そしてどうしてなのか、みんなそれぞれ好きだったりします。
同い年ってだけでファンになってしまうミーハーな私なのですが、なかでも同い年で一番好きな有名人は篠原涼子。
なぜか彼女がテレビに出てるとついジーって見ちゃう。イイ女だな~って思います。(←オヤジ目線)
天然で可愛らしくて、最近結婚したせいかとてもきれいになって。
素敵で上手な歳の重ね方としている人だなって思います。

そんな彼女が主演しているドラマ「アンフェア」。
篠涼が出てるからなんとなく見始めたのですが、もう目が離せない。
いったい誰が真犯人なの!?
全ての登場人物が怪しく思えちゃうんだけど。
毎週火曜日は、この「アンフェア」をお酒を飲みながらゆっくりと見るの。
少しでも目を離したら、犯人の重要な手がかりを見逃しちゃうかも知れないから・・・。

そしてお酒のおつまみに、超簡単ではありますがこんなおつまみを作ってみました。あまりに簡単なものなので、ブログにエントリーするのもどうなのよ!って感じですが…。
「油揚げのサッと焼き」です。
油揚げをフライパンで両面をこんがりと焼き、フライパンの鍋肌にタラ~とお醤油をかけて刻んだネギをのせ、七味唐辛子を振って出来上がり。油揚げのカリカリ感と、お醤油の焦げた香ばしい香りがたまりません。
油揚げはこの食べ方がいちばん好き。
おかずがなんだか足りない~って時とかよく作ります。

今日はなんだか焼酎が飲みたかったので、熊本の米焼酎「鳥飼」をセレクト。
旦那さんが熊本に出張したときにもらってきた焼酎です。
なかなか手に入らない幻の焼酎でプレミアが付いたりしているみたいですが楽天市場では\1700~から売っていました。
いやーとっても飲みやすくてフルーティ。
吟醸酒飲んでるみたい。
水割りなんてもったいない!絶対コレはロックです。






卵・豆類料理 | 2006-03-14(Tue) 23:03:07
Trackback:(0) | Comments:(5)
マカロニオムレツ



今日は久しぶりに自転車で食材を買いに出かけたのですが、買い物を終えて家に着き、自転車のカゴから荷物を取り出そうとしたら・・・

ガシャン!

たまご落としましたorz・・・

主婦としては痛恨のミスです。
しかも6個入りのうち4個も割れてる。
残り2個もかろうじて殻の薄皮で助かってるレベル。

うあー。
今日は骨付きチキンとゴロゴロ野菜のスープカレーを作ろうと思ってたのに・・・。
急遽オムレツに変更。

恐る恐るたまごパックの中で粉々になってるたまごをボウルに取り出してオムレツ作ったよ。
4個分のたまごを使う料理なんてオムレツ以外に思いつかない私・・・くすん。
と、いうわけで久しぶりにマカロニオムレツ作ってみました。
これは私の母が、昔よく作ってくれたオムレツ。
簡単に説明すると、マカロニグラタンの中身をオムレツにしたような感じですね。ホワイトソースを使います。子供が好きそうなオムレツです。

マカロニオムレツ
①マカロニを茹でる。すこーし硬めかな?位に。
②鍋にバター大さじ2くらい溶かし、薄切りした玉ねぎやツナ、きのこ類などホワイトソースに合いそうな具を炒める。
③具に火が通りしんなりとしてきたら、小麦粉大さじ1~2くらいを振り掛けて更に炒める。
④牛乳を少しずつ加え、静かにかき混ぜる。好みのゆるさになるまで牛乳を少しずつ加えて、塩コショウで味付けし、茹で上がったマカロニを加えておく。
⑤④をオムレツにする。たまごはひとり分で2個使用。

ホワイトソース(ベシャメルソース)を別に作っておき、炒めた具と混ぜたほうが小麦粉がダマにならずにきれいに作れると思いますが、鍋を2個使うの面倒だったんで具を炒めた鍋でそのままホワイトソースに仕上げました。ズボラなもので、すみません(典型的なO型ですテヘ

ま、これはこれで美味しいのですが、本当はカレー食べたかったな。
もう頭の中がカレーになってたから、すごく裏切られた気分(←誰にだよ)
どうしてカレーって、めちゃくちゃ食べたくなるのかしら。
カレー恐るべし。







卵・豆類料理 | 2006-03-11(Sat) 01:20:37
Trackback:(0) | Comments:(4)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。